包丁で切る


◇テストの背景

食材を包丁で切ると、色々な音がします。
人がどんな風に音を感じているのか知りたくて、
いくつかの音源を用いてテストを行ってみました。

◇使用した評価語

オーディオテストは手軽に実施できるので、
手始めに、音を聴いて直感的に浮かんだ2種類の評価語でトライしました。
 
切れ味が良い-切れ味が悪い:切れ味が良い音は心地良い気がする!
葉物-根菜        :何を切っているのか、音から分かるのかな?

◇使用した音源

サンプル音源から選択しました。
 
はじめての場合は、聴いた時に差がある複数の音源を選ぶのがおすすめです。
3音源以上選ぶと、音圧レベルとの相関関係も分析されます。

◇テストURL

こちらからテストを体験できます。
 
「Audio Test の回答手順」をご参照ください。
モニタ―アカウント(永年無料)にて回答いただけます。

◇テスト結果 

※体験用テストは6音ですが、こちらでは5音で行ったテストの結果をご紹介します。
(画像には4音分の回答結果を表示しています。)
 

[テスト回答] 

2種類の評価語により、それぞれの音の特徴が確認できました。
 
音の聴き方(スピーカ、イヤホンなど)やボリュームを揃えないと、
結果はある程度ばらつきます。
回答の分布全体を眺めて、特徴を確認してみましょう。
 
ニンジン(左上):どちらかというと「切れ味が悪い」「根菜」
 
キャベツ(右上):どちらかというと「切れ味が良い」「葉物」
 
玉ねぎ(左下):どちらかというと「切れ味が良い」「根菜」
 
トマト(右下):どちらかというと「切れ味が悪い」「根菜」
 

[物理パラメータとの相関]

 
「葉物-根菜」は3.15kHz帯域以上と、オーバーオール値(音の高さを特定しない)のA特性音圧レベルと相関が高い。
「切れ味が良い-切れ味が悪い」は6.3kHz以上など、より高い周波数の帯域と相関が高い。
 

◇今後のアプローチ

とりあえずやってみたテストで、それぞれの音に特徴があることが分かった。
もっと音を増やしたら、「心地よい音」の理由も分かるかも知れない。
他の評価語、例えば「心地よい」や「何度も聴きたい」なども試したい。